春の準備をしているか【Voile & Problem sovers】

thinking

春の準備をしているか、なんて言っていますが、もう春が来てしまいました。
自転車の話は比較的長くなりそうなので、書くのが面倒くさいです(笑

本日はバイクパッキング考察の話。



Voile & Problem sovers

thinking

まずはこちらのストラップ。
アメリカで元々スキーの板を固定するものとして作られたVoileというメーカーのストラップ。

thinking

触った感じ、かなりタフなストレッチポリウレタン。
いろんな使い方ができそうなので、色違い二組購入。

ちなみにこちらは名古屋のサークルズという自転車店のオリジナルブランドRALのプロダクト。
通常のVoileはちょっと違うけどこんなの↓


thinking

ナイロンバックルの耐久性が少し気になるけど、それほど問題はないかな?

thinking

そして今回合わせて使うのがこちら、Problem solversというメーカーのbow tie strap anchor kit。

Problem solversは直訳すると「問題解決」。もう何に使うんだかわからない細かいパーツをたくさん作っており、使う人によってはきっと目からウロコだったりするんでしょう。

モトクロスさんが代理店をしているようなので、商品ラインナップはこちらからどうぞ↓
PROBLEM SOLVERS | モトクロスインターナショナル

thinking

僕の自転車にはダウンチューブの下側にもダボ穴があったりするので、

thinking

こんな風に取り付けて、

thinking

こんな風にストラップで固定できちゃうアイテムです。
ちなみにこちらはクライミットのスリーピングマット↓
スリーピングマットの話

thinking

でもチェーンリングすれすれなので、この場所にはウォーターボトルくらいしか付けられなさそうですね。

thinking

横から見た感じ、この程度のでっぱりなので、付けっぱなしにしてもあまり気にならないのではないでしょうか。

thinking

試しにボトルを付けてみました。
でも脱着が面倒なので、きっと予備のボトルなんかがいいですね。
ちょっとくらい容量が大きくても全然大丈夫そうです。

thinking

フォークのダボ穴も余っていて、何か付けられそうなので、挑戦してみます。

thinking

ボトルはこんな感じ。
そういえば書こう書こうと思って全然書けていないんですが、ボトルはkintoのトラベルタンブラーです↓




ちなみに↑こちらのpaperskyとのコラボモデルです。
ここまで言ってしまったら、もう改めて書かないかも(笑


thinking

というわけで、思い切ってmont-bellのシュラフを付けてみました。

thinking

これも大丈夫そう! シュラフみたいなボリュームのあるものまでパッキングできるので、かなり重宝しそうです。

mont-bellのシュラフについても以前書いておりますので、こちらをどうぞ↓
NANGAの寝袋を買ったけどmont-bellもレビュー

というわけで、と言っても全然まとまってはいないんですが、長くなりそうなので今回はこの辺でやめようと思います。
とりあえず今回のこの二つを使ってパッキングできそうな場所と容量くらいは検討がついたので、良しとしたいと思います。

それではまた!

0 件のコメント