検索ワード1位になったので改めて【パニアバッグ通勤】の話

fairweatherbikes pannier bag

先日の1周年記事でも触れましたが、googleによると、このブログに検索ワードで最も訪れている人が多いのが「パニアバッグ 通勤」なのです。

たしか、googleで表示される順位が3.2位だったと思います。
(実際に検索してみたら2番目にきました)
ちなみに引っかかってるのはこちらの記事↓タイトルが良いんでしょうか(笑
パニアバッグ通勤するオフィスレディ



僕もはじめました


fairweatherbikes pannier bag

せっかく検索ワードで上位にくるのに、当人がパニアバッグで通勤していないなんて、どういうことだ?と思って、僕もはじめました。

バイクパッキング用に組んだこちらの自転車。
先日パニア専用のラックを取り付けたので、これで通勤してしまおうと思っています。
ご覧のような突然の積雪でもお構いなしにいけちゃう、オールラウンダーな自転車だし。

パニア専用ラックを取り付けた話はこちらからどうぞ↓
春の準備をしているか【salsa down under rack】

そして使っているパニアバッグは東京の素敵な自転車屋さんのブルーラグさんで企画・製作しているfairweatherというオリジナルブランドのものです。
パニアを購入した時に書いた記事はこちら↓
今年は自転車キャンプを目論んでいるvol.3


通勤してみて


fairweatherbikes pannier bag

使用感の前に。

撮影用にドライブ側に付けたんですが、ひとつだけ付ける場合はどっちがいいんでしょうね?
もちろんパニアの中に物を入れるとそれなりの重さになって、万が一バランスを崩してしまった時のことを考えて、左側通行の日本では反対側に付けるのがなんとなく良いのではと思っています。

でも、バイクを倒す時はドライブ側の方がバッグが下にならないよな、、なんてことも考えたり。

fairweatherbikes pannier bag

たぶん危なくないのはこっち。



fairweatherbikes pannier bag

そして本題。

それなりの物を載せて走ってみた感想ですが、まず低い位置にぶら下げるタイプのこのラックが非常に安定感がありますね。

nakajima park

こんな風にフロントキャリアにすぐ下にぶら下げるタイプだとちょっと安定感に欠けるので、低速だとバランスを崩しやすかったです。

fairweatherbikes pannier bag

さらには幅広のハンドルもバランスを保つのに大きく寄与していると感じました。
(さっきのはバッグに。こっちはハンドルにピントが合ってます)
ハンドルについてはこちらの記事を↓
salsa cyclesのハンドルバー【wood chipper】

パニアバッグをフロントにつけたい場合はこんなハの字まではいかなくても普段より幅広のハンドルがよさそうですね!


問題点


fairweatherbikes pannier bag

バッグパックにもなるこちらのパニアバッグ、大変便利なのですが、この黒いラバーが巻かれたフックをなくしてしまわないか、すごく不安。

これはまぁ、あらかじめポケットにでもしまっておけば良いんでしょうか、、
それはそれでなくしてしまいそう(笑

実際、自転車キャンプ中に一度落としてしまったこともありました。

なんか自作で簡単に外れないようにできないかなー、なんて考えています。
そんなわけで、また気づいたことがあったら書いてみようと思います。

それではまた!

0 件のコメント