北海道胆振東部地震のその後

Kiyota word

札幌でも一番被害の大きかった清田区。
過去にこのエリアで仕事をしたことがあるので、近くまで来たついでに少し様子を見てみました。
地震の少しあとに当人に電話で無事を確認しておりましたが、住所的にはおそらく2条くらいしか離れていないので、本当どうなるかわかりませんよね、、


不気味な静けさ

Kiyota word

見てすぐわかると思いますが、マンホール周辺に違和感。
マンホールが浮いてるように見えますが、周辺の道路が陥没してしまってるんですね。

下水はコンクリート製の土管なので、高さが変わることが少ないので、周辺地盤が液状化により陥没してしまったということなんですよね、きっと。

奥の方に目をやると、建物や電柱も傾いてますね。

30年以上札幌に住んでいますが、こんなの初めてです。

もっと被害の大きいところはあるのですが、さすがに入れる様子ではありませんでしたね。
液状化で流れた土砂がまだ除去しいれていないようです。


Kiyota word

車がこの道を迂回するのに列を作っていたので、それなりに物音はするし、住人も周辺をウロウロしているのですが、どこか少し不気味な静けさがありました。

Kiyota word

住宅も完全に傾いており、窓に貼られている赤い紙には「危険」と書かれています。
阪神淡路大震災以降、応急危険度判定士という資格をもった方が倒壊の恐れのある住宅の危険度を判定していく仕組みなようです。

僕も仕事柄、受講資格はあるので今回のことで講習受けてみようかな、とちょっと思っています。

ちなみに周辺はこんな状況ですが、立ち入り禁止になっていませんし、普通に車の往来もあります。
日常の中に非日常が垣間見えて、不思議な感じがします。

Kiyota word

ここは北海道の主要幹線道路、国道36号線のすぐ脇道。
完全に地面が無くなってます。

Kiyota word

その先には車が落下しているのが見えました。
36号線を走っていると、いきなりこの状況が目に飛び込んできます。
札幌一の交通量の道路のすぐ脇でこんなことが起こるなんて、ゾっとしますよね、、

まだまだ小さな余震はあるものの、地震後初めての週末を何事もなく終えた札幌。
SNSなんかでは、このあとさらに大きい本震がくるなんていう情報が流れたり、かたやそんなものデマだ、という声も交錯していて、もう何が何だかわからない状況です。

こういう時こそ、冷静になってすべての情報を鵜呑みにせず、落ち着いた行動と気を引き締めることが大事ですね。


0 件のコメント