台湾料理ごとう

gotoh

今回は大好きなお店、「台湾料理ごとう」へ行ってきた話。
けっこう雨が多かった今年の夏。そんな蒸し暑さの似合うお店です(いい意味で)


台湾料理ごとう



市内中心部。札幌の馴染みのある方はゲオ・ディノスの裏って言うとわかりやすいと思います。
でも本当は旧名のスガイ、とかの方が読者の年齢層的にはわかる人が多いと思います。

gotoh

こんな細い路地の途中にお店があります。
札幌は積雪や除雪のことを考えて、こういった細い路地は少ないんですよね。
生まれも育ちも札幌の私にはけっこう新鮮だったりするのです。

東京に遊びに行ったりすると、複雑に入り組んだ路地に興奮したものです。

gotoh

M's仲町という食べ物屋さんが集まった建物の中に入っています。

gotoh

階段下のようなところから入っていきます。
入口からすでに怪しい。

gotoh

どことなく台湾カラーな店内。台湾行ったことありませんけど。
カウンターが数席と右手に隠れてますが、テーブル席。
店内左手からは2階席へ行く階段があります。

gotoh

僕はこの台湾のフレーバービール(?)がお気に入り。
パイナップルビールです。

gotoh

ちゃんと日本語表記のメニューもあります。
ちなみにオーナーは日本人です。(そしてけっこう若い)

うますぎる料理の数々

gotoh

必ず頼む魯肉飯。 量がほどほどなのがまた良いです。
二次会なんかで来ても〆で食べられちゃいますよ、これ。

gotoh

こちらは空心菜の腐乳炒め。これも必ず頼むメニュー。

gotoh

これだけで正直かなり満足です。

gotoh

その他には鶏肉の激辛バジル炒め。

gotoh

台湾生春巻き。
そもそもクセのあるアジア系の料理が好きだっていうのもありますが、どれも本当に美味しです。

Taiwan restaurant “Gotoh”

過去の写真ですが、メニュー表はこんな感じ。

Taiwan restaurant “Gotoh”

過去の写真を見てたら魯肉飯にゆでたまごが乗ってた!
今回は乗せるの忘れたのか、はたまた削減されたのか、、

Taiwan restaurant “Gotoh”

というわけで今回はおいしいおいしい台湾料理のお店でした。
書いてるそばから、またすぐ行きたくなっちゃいましたね、、

少し前にスタッフの方がやめてしまったみたいで、今はオーナーさん一人っぽいです。
一人で手が回る程度にお客さんの入りを調整してる印象があったので、行ってみたい方は予約することをおすすめいたします。



0 件のコメント