オロウエン大滝キャンプ場へ行ってきた話

Orouen Ohtaki camp vibes

お盆休みはずっと雨。すっかり涼しくなって秋の気配も感じられるようになってきました。
さて、休み明けの週末は天気も少し回復しそうだったので、キャンプに行ってきました。
そろそろみなさんもキャンプレポートは飽きた頃だと思いますが、気にせず己の道を突き進んでいくことにします。

伊達のオロウエン大滝キャンプ場へ



キャンプハイシーズンなので、メジャーなキャンプ場は場内に張られたテントが住宅街のようになっているだろうことが想像できるので、今回はひっそりと静かなキャンプ場、伊達市大滝区のオロウエン大滝キャンプ場へ行ってきました。

札幌中心部より車で約2時間。
国道230号線中山峠ルートと国道453号線支笏湖ルートの二通りの行き方がありますが、中山峠ルートは定山渓で渋滞していたりするので、支笏湖ルートにしました。

おそらく距離だけで見ると中山峠を越えた方が短そう。

Orouen Ohtaki camp vibes

Google mapのナビを使っていないと見逃してしまいそうな看板。
中山峠を越えて喜茂別側から来る場合看板はもうちょっと見やすかったです。

Orouen Ohtaki camp vibes

看板を曲がって入っていくとしばらくナイスグラベル。
こういうところにまでちゃんと電気を引いてる電力会社はすごいと思います。

Orouen Ohtaki camp vibes

砂利道の途中にキャンプ場入り口の案内看板。
ここを右折で入っていきます。

Orouen Ohtaki camp vibes

キャンプ場手前の橋が車1台ギリギリの幅。

Orouen Ohtaki camp vibes

ハイエースなんかはさらにギリギリ、、

いざキャンプ場内へ!

Orouen Ohtaki camp vibes

先客が1組いらっしゃいましたが、場所は自由に選び放題。
木に囲まれてる場所もたくさんあって、真夏の暑いときでもいい日陰になりそうです。

Orouen Ohtaki camp vibes

草刈り中の管理人さん。
作業中だから先に場所決めていいって言われたので、車を停めて場内を散策することに。

Orouen Ohtaki camp vibes

右手に見えるのが炊事場。
左手の二つの小屋がトイレ。
ちなみにトイレは今まで行ったどのキャンプ場のトイレよりも綺麗で、どこかのお宅にお邪魔したかのようなトイレ。
100点満点中120点です。
女性や小さいお子さん連れのファミリーには非常に喜ばれると思います。

Orouen Ohtaki camp vibes

受付の様子。陽射しがまぶしくて記名する紙が全然見えない。

Orouen Ohtaki camp vibes

料金は大人900円と最近無料のところばかり行っていた我々にとっては少し高いかな?という感じもしますが、前述のトイレを一泊二日使わせてもらえるだけで、この料金の価値はあります。

それと、このキャンプ場はなんと個人経営!
ほとんどのキャンプ場は地方自治体が運営していますが、こちらはキャンパーであったオーナー自らが白樺林を切り開いて作ったそうです。

それと気を付けなければいけないのが、こちらでは薪の持ち込みが禁止されております。
焚火をする際には事前申告が必要で、受付で販売されている薪(500円)を購入する必要があります。

Orouen Ohtaki camp vibes

受付時にお金を払っておけば、こんな感じで小屋の横に置いておいてくれます。

Orouen Ohtaki camp vibes

500円でかなりの量を分けてもらえるので、焚火には十分すぎるほど。
我が家は夜と朝に焚火をしましたが、半分くらい余して持ち帰りました。

話好きの管理人さんでしたが、中でも印象的だったのが、「snowpeakの焚火台は地面が焦げるから使っちゃダメ!」としきりに言っておりました。
下に敷く炭床オプション使ってもダメって言ってました。


こちらを使用する場合は下にレンガ等を敷きましょう。

ちなみに我が家はユニフレーム。地面から20cmくらい離れてればいいよ、とのことでした。たぶんギリギリセーフ。

Orouen Ohtaki camp vibes

「キャンプ場のことをSNSやブログに書くのはいいけど、こういうことこそ書いてほしいんだよ!」と管理人さんは熱弁しておりました。(しっかり書きました)
流行に敏感な初老の管理人さん。


キャンプ場横には川が流れてるよ

Orouen Ohtaki camp vibes

そして、このキャンプ場の魅力がもう一つ。
管理人さんの小屋の裏から林を抜けると川に降りられます。

Orouen Ohtaki camp vibes

トップの写真にも使ってますが、いい雰囲気の川が流れています。
流れの速さはちょっと速めかも。

Orouen Ohtaki camp vibes

釣り目的でこちらに来てる方々もけっこういたみたいです。

Orouen Ohtaki camp vibes

堤防上がキャンプ場。奥が川。
キャンプ場からは川が一段下がった場所にあるので、テントサイトから直接川が見えたりはしないのですが、場内に川の流れる音は聞こえるので、十分雰囲気楽しめます。
我が家は川が大好き。

Orouen Ohtaki camp vibes

ちょっと長くなってきたので、今回はキャンプ場の紹介までにしておきたいと思います。



0 件のコメント