sim works × honjoのフェンダーを渋く加工してもらいました

simworks × honjo

先日の受賞でいただきました、こちらの本所工研、真鍮製のフェンダー。

ビカビカのまま付けるのも良いと思いますが少し照れるので、できれば真鍮の使いこんだ雰囲気になればなぁ、と仕事でお付き合いのある金属加工の作家さんに相談してみました。
真鍮製のフェンダーをいただいた記事はこちらをどうぞ↓

先日の#swGoodrack の大賞受賞のプライズが届きました。

とりあえず工房に行ってきました

at Metal art Gulf

札幌のお隣、江別市にある氏の工房。
こんな風景の中にプレハブを建てて制作活動を行っております。

at Metal art Gulf

at Metal art Gulf

ところせましと並べられている機械類や作業机、こんな場所を見せられただけでもワクワクしますよね。

ちなみに何度か遊びに来ていますが、10年くらい前に裏の畑で取れた野菜で収穫祭と題して、一度ここに泊まったことがあります(笑

at Metal art Gulf

差し入れにサンドイッチを買っていったので、作業前に一緒に朝ご飯食べました。
この日は5時くらいから畑仕事してたそうですよ(笑

作業へ!

at Metal art Gulf

本当は自分でやってみたいと思い電話したのですが、自分では全然手に入れられない劇薬を使うっぽかったので、あきらめて持ち込みでやってもらいました。

必要なもの

at Metal art Gulf

まずはこちら。ラベルが剥がれかかってめちゃくちゃ怪しいですが、硫化カリウム。
すごい硫黄の匂いがします。

at Metal art Gulf

トレイに移して、(固形なんだね)

at Metal art Gulf

お湯に溶かします。分量どのくらいって全然ないみたいですね。
とにかく湯沸かし器から直接ジャーって入れてました。

at Metal art Gulf

そしてもうひとつ、この青い液体は銅を硫酸で洗った際に出る液体なんですって。(うろ覚え)
ちょっと扱い方を間違えると、すぐ煙とか出るらしいです。

分けてくれるようなことを言っていただきましたが、丁重にお断りしました。

at Metal art Gulf

分量はザバっとひとすくい。

やってみよう!(やってもらう)

工程1:お湯でよくあたためる

at Metal art Gulf

この作業、けっこう大事らしいです。
まずはフェンダーをお湯でよくあたためます。
化学反応がおこしやすくなるそうです。

工程2:お湯でとかした硫化カリウムを塗る

at Metal art Gulf

その辺にあったスポンジで塗ってたけど大丈夫かな?

工程3:お湯でよく洗う

at Metal art Gulf

この工程は必須なようです。次の工程で青い液体を塗るんですが、きちんと洗わないと白い煙が出てくるそうです。

工程4:青い液体を塗る

at Metal art Gulf

青い液体を塗るとすぐに変色してきます。化学反応ってすごい!
もうすでにいい感じですよね? だいぶ照れる感じがなくなってきました。

工程2~4を繰り返す

at Metal art Gulf

あとはこの作業を繰り返して変色させていきます。
本当に真っ黒にすることもできるんですが、真鍮っぽさは残したいので僕は3回でやめておきました。
どんどん色が変わって楽しいのですが、やりすぎ注意ですね。

at Metal art Gulf

3回やってこんな感じです。なにこれカッコいい!!
あとはまたきれいにお湯で薬品を落とすだけです。

できました!

at Metal art Gulf

at Metal art Gulf

変色の仕方がムラムラなのもたまりませんよね?
ところどころ玉虫色に見えたり、かなりいい雰囲気なんじゃないでしょうか。

磨けばまたすぐ元の輝きを取り戻すのも真鍮のいいところですよね。

at Metal art Gulf

そんなわけで、僕の趣味に付き合っていただくことになってしまいましたが、終始すっごく楽しそうでした(笑

真鍮製のフェンダーなんて見たことなかったらしく(僕もなかったけど)すごい食いつき。
このフェンダー、とっても魅力的なのでまだまだ色々できそうな気がしますね~。

※180709追記
無事自転車への取り付けも終わりましたので↓こちらも合わせてどうぞ!
蝦夷梅雨の終わりを知らせてくれたのは紫陽花の花~本所のフェンダーを取付けた話

0 件のコメント