餃子・小籠包 キリンへ行ってきました

kirin

久しぶりに食べ物の話。週末はにんにくチャンス!

餃子・小籠包 キリンへ

kirin

場所は中央区は狸小路、狸小路市場の中にあります。
こちらは外側からのアプローチ。

kirin

狸小路市場はこんな感じです。両脇にお店がならんでいて、小さな狸小路といった様子。
35年札幌に住んでいますが、実はあんまり入ったことがないんですよね。
魅力的なお店がたくさんあるので、いろいろ行ってみたいとは思っております。

比較的夜のみ営業のお店が多いっぽいですね。

いざ店内へ!

kirin

の、前に超人気店なので、予約必須です。

お店のオープンが17時からで、僕はだいたい17時に予約するんですが、週末に予約しないで並んでる人は、ほぼ予約で満席なので入れないのです。

kirin

店内はカウンターが6席程度、奥の4人掛けテーブルが2つと、かなり狭いです。
(ちなみにこちらの写真は前回行った時の写真)

kirin

今回は17時に入ってもしばらくは席が埋まりませんでした、
18時くらいから予約してる人が多かったのと、最近「別館」というのが近所にできたようで、そこに案内されていました。
料理はこちらで作ったものを岡持で運んでおりましたね。

気になる料理

kirin

まずは看板メニューの餃子。
餃子はオーダーが入ってから包むんですよね~。

皮がもちもちタイプでけっこうお腹がいっぱいになります。

kirin

先ほどの餃子の写真の手前にもありましが、こちらが空心菜の炒め物。
これは超うまいです。
こんな表現しかできませんが、超うまいです。(2回目)

kirin

空心菜を炒めてる時はこんな感じです(笑
アリーナ席だとかなり暑いですが、迫力あります。

kirin

ちなみにドリンクは奥の冷蔵庫からセルフで取ってくるスタイル。
僕はだいたい青島ビール。

アジア系の料理に合いますよね。

なんとなくアジア圏のうっすいビールがけっこう好きなんです、僕。

kirin

こちらはラムのクミン炒め。 牛タンのクミン炒めを頼んだらこちらが出てきました。忙しいんですね、きっと。

kirin

こちらは今回はじめてお目にかかった、角煮ごはん。
これも本当においしかったです。トロトロの角煮と青島ビール最高でした。

もうひとつの看板メニューである焼売はまだ食べたことがないので、次回は点心系も食べてみたいですね。

餃子や焼売なので、中華?と思いきやスパイスが効いたオリジナリティあふれる料理もあって、お勧めしたいお店のひとつです。

店舗概要

  • 住所   / 札幌市中央区南3条西6丁目 狸小路市場
  • 営業時間 / 17:00~0:30(L.O 24:00)
  • 定休日  / 日曜日
  • 電話   / 011-261-8811
気になる方はこの週末にでもいかがでしょうか?
予約必須なので、まずはお電話を!


0 件のコメント