サイドゴアブーツの話

blund stone

わたくし、↑のようなサイドゴアブーツが大好きでして、最近買ったブーツが大変調子がよいので、ちょっとご紹介(単なるアフィリエイト)

サイドゴア

blund stone

サイドゴアはざっくり言うと甲の側面にゴア(ゴム布)が縫い付けらているものですね。もうそのまんまなんですが、紐が無いので脱着しやすいですし、フィット感が適度でいいんですよね。
サイドゴアに限らず、とにかく毎日紐無しの靴がいいんです。
ちなみに紐無しで今までで一番よかったのがメレルのジャングルモックです↓


これはサイドゴアの分類には入らないかもしれませんが、とにかく履きやすかったです。 レザーのものを履いていました。やっぱ革だよね。 簡単な登山からトゥークリップの自転車もこれで乗ってたので、ズタボロになり、さらにはソールが剥がれて雨水の進入も止まらなくなってしまったので廃棄してしまいました、、これはまたたぶん買うでしょう。

今回買ったのはBlund stone

blund stone

なんとなく見たことあるんじゃないでしょうか。けっこう有名だと思います。
前から気になっていたブランドではありますが、たまたま見つけたこの色が素敵だったので、すぐに買ってしまいました。
オーストラリア創業のブランドで歴史も長いようですね。

blund stone

買ったのはCLASSIC COMFORTというモデル、Red Woodという色です。
↑写真は一度外で履いた後ですが、それなりに履いたような風合いなんですよね。革もいきなり柔らかくて履き心地いいです。
自転車の革サドルで例えるとセラアナトミカで間違いないでしょう。


レザーサドルに興味があるけど、お尻が痛いのは嫌だという方はこのサドルにするのがいいと思います。

細かく見てみよう

blund stone

話戻って、ソールとアッパーが圧着されているので、縫い目がなく、雨水も侵入しにくいんじゃないでしょうか。

blund stone

ソールはこんな感じです。適度な厚みでとっても歩きやすい。
軽いし、スニーカーみたいです。
歴史の長いブランドですが、時代のニーズに合わせて柔軟に適応していっているブランドという印象を受けますね。

blund stone

雨の日にも履き、わざと深めの水たまりに入ったりしましたが、雨水の侵入はありませんでした。ブランド的には高い防水性をうたっております。(このあたりはまぁ、新しいからというのもあるかもしれませんね。)

まとめ

blund stone

革靴を履いているという感じがあまりしないので、シチュエーション選ばずガンガン履けそうなのがとてもよいと思います。サイドゴアブーツはカジュアル過ぎないので、仕事でも違和感ないですし。(そんなに気にする仕事はしてないけど)
機能も申し分ないので、今まで革靴だからと気にしていたお天気やアクティブなシーンでもあまり気にならなくなりそうです。
また、レザーブーツの類ではお値段もそれほど高くはないのがいですね。

本当は↓この辺のエレガントなやつもほしいんだけれど、、

0 件のコメント