ライトマウントについて考える

nitto light mount

ライトを付ける場所ってけっこう難しいですよね?
以前はknogの小さなものを付けており、大した気にしておりませんでしたが、小さなライトは街中で車等に自分の位置を知らせる程度の機能しかなく、街灯が少ない地方や林の中での前照灯としての役割は全く果たせないので、少し前からMAX800ルーメンのものを使っています。
knogのライトはこんなの↓(最近のはだいぶ明るいっぽい)
明るいライトってやっぱり大きいので、ハンドル廻りにつけると上の写真のような感じであまりカッコよくはないですよね~。
上の写真のライトはLEZYNEのこんなの↓
>

ライトマウントについて考えてみた

nitto light mount

前からライトマウントというものが存在するのは知ってました。ライトを付ける為の台座ですね。フレームやフォークにダボ穴があると付けられるのですが、キャリアにもつけられたりします。
僕のキャリアも穴が余ってるので、せっかくなので少し調べてみることに。


まずは説明不要なPaul Componentsから。
美しいですが、Paulというだけでお値段張ります。しかも品薄で並行輸入品しかないんですよね~。
(と思ってたら、サムズバイクに在庫ありました。しかも安かった。)



続いてNITTOからはランプホルダーという名前で出ています。
安心のクオリティのNITTOだし、金額も安くていいんじゃないでしょうか。
ただ、ネジがホルダーに固定してあって、裏からナットを閉めるタイプなので、フレームやフォークダボの場合は裏に手が入らないので付けられませんね。



ハンドルに付けるタイプなんですが、ハンドル廻りをスッキリさせたいので、これはあまり選択肢には入らなそう。

これはすごい良さそう!クイックのナット側の代わりつけるタイプのライトマウント(説明下手だけど、自転車乗ってる人はわかってくれるハズ) ただ、僕のクイック廻りはフェンダーもついてるし、キャリアもフォーク支持タイプなので、あまり盛沢山にするのも強度的にちょっとなぁ、という感じ。

君に決めた!

nitto light mount

結局、手ごろなNITTOのランプホルダーで少し様子を見ることにしました。
早速付けるとこんな感じ↓

nitto light mount

ホルダー斜めになってるのはキャリアのプレートが斜めだから。

nitto light mount

ライト付けるとこんな感じ。あれ?でもこれってパニアバッグ付ける時邪魔なんじゃ、、

nitto light mount

というわけで思い切って内側に付けました。

nitto light mount

もちろんスポークに干渉はしてないですよ!ギリギリセーフ!

まとめ

とりあえずはキャリアの内側に付けることで、キャリアやパニアバッグ、それぞれの機能を損なわずして、うまくまとまった感はあるので、満足しています。
一番気になったクイックのナットタイプも結局パニアバッグを付けたら使えないんじゃないかと思うと、値段も安いしこれが一番良かったんじゃないでしょうか。

また、このランプホルダーの商品名の末尾にある数字でネジの径が違うので、付けたいところの穴に適合するかどうか確認が必要ですね。
僕は知らないで買って、あとから気づいたのですが、つけたいところについたので結果オーライ!
※追記
フレーム、フォークのダボ穴に合うM5を使ってるランプホルダー4だと直接ダボ穴にねじ込めるんじゃないかというお声をいただきました。
これはちょっとやってみたいですね!

ちなみに憧れのPaulは筒がちょっと短いので、付けるライトも選びそうですよね。

0 件のコメント